納車費用とは


炎01新車を購入する際には諸費用が必要になります。それは決して車の代金だけではないので、このことを考えて予算の計画を立てる必要があります。車を購入した時には納車費用という物が必要になります。これはどのような物なのかというと、自宅まで新車を運んでもらうための費用になります。従って新車を自分で取りに行くという場合には、この費用は必要ありません。この費用はディーラーによって違いがありますが、通常は1万円から5万円くらいとなっています。決して安い金額ではないので、自分で取りに行く事で費用の節約になります。また新車購入時にはそのほかにも諸費用が必要になります。それは新車購入費用の他に自動車税や自動車取得税が必要になります。そして自賠責保険や車庫証明書、登録代行費用や法定費用も必要になります。またナンバープレートの料金や自動車リサイクル料金や自動車に関する付属品、そして消費税が必要になります。自動車税に関しては5700円となっています。ナンバープレートの料金に関しては、希望ナンバーがある場合のみ必要になります。その際には4000円から5000円が必要になります。このように新車購入の際には諸経費としてたくさんの物が必要になると言うことを理解しておくようにします。

リサイクル料金とは


}PgžxQ車を廃車にする際には、廃車手続きが必要になります。廃車手続きとは、車を解体することと、車籍を抹消することです。車をスクラップにし、さらに登録されている番号を抹消することで、その車はこの世から完全に存在が消えるのです。
さらにそれに加えて、リサイクルに出すための手続きも必要になります。平成17年に施行された自動車リサイクル法により、廃車にした車の各部品は、リサイクルに出さなければならなくなったのです。
リサイクル手続きは、解体業者のもとでおこなうことになります。手続きは、申し込み用紙への署名捺印だけなので簡単です。しかし申し込み用紙を提出するだけでなく、リサイクル料金の支払いも必要です。解体された車の部品を、リサイクルできるようにきれいにしてもらうために、作業手数料を支払うことになるのです。
具体的にどのくらいのお金がかかるのかは、車種によって異なります。軽自動車ならだいたい1万円前後、普通自動車なら1万5千円前後となっています。大きい車ほど高くなり、たとえば観光バスなどは5万円ほどかかります。軽貨物車など小型特殊自動車なら、3~5千円程度で済みます。また、国産車よりも外車の方が、やや高めになっています。

諸費用の概要について調べてみた


自動車を購入する際には様々な諸費用が発生します。今回はその所お費用に知手調べてみることにしました。
自動車を購入する際にかかる諸経費は1種類だけではなく、たくさんの種類があります。諸経費を全て合わせると車両本体価格の10パーセントから20パーセントが必要になるというように言われています。
つまり、200万円の車を買った際にはその車両価格に上乗せして20万円から40万円の諸経費が必要になるというわけです。このことを知っておかないと思わぬ出費に頭を悩ませることになってしまいます。
では、具体的に見ていくことにします。
諸経費は、自動車税・自動車取得税・自動車重量税・自賠責保険・納車費用・車庫証明書・検査登録代行手続き費用・預かり法定費用、そして消費税があります。
このほか、前の車を引き取ってもらう際にはリサイクル料金などが、ナンバープレートを任意の番号にするにはその費用も追加でかかります。
また、車庫証明をディーラーに任せる場合はこれの代行手数料もかかります。
では、自動車税について詳しく解説していくことにします。
自動車税は4月1日の時点でその車を所有していた人が支払う税金です。
新車で購入する場合は月割りで計算してその費用を支払うということになります。

自賠責保険料とは


}PgžxQ自賠責だけで補償は十分なのか、そこで自賠責保険に加入している場合に支払われる保険料はいくらなのかという事です。自賠責保険料の補償の範囲ですが、まず対人に関して、障害の場合は120万円、治療費や休業補償または慰謝料などすべてを含んで120万円になります。ここで気をつけけ無ければならないのが自分に対しては一切の補償は受ける事が出来ません。対人に対して補償される事になっているからです。そして事故をした相手が死亡をしてしまった場合には3000万円までとなっています。後遺障害の場合は最大で4000万円までとなっています。今は後遺障害の等級が1級から14級まで分かれていますので4000万円という幅があります。しかし事故を起こした相手が寝たきりになってしまった場合などは4000万円を超える場合も有りますので、自賠責の保険料だけでは足りない場合もあります。過去には裁判所で出た判例の中に3億円から4億円という保険料が必要になった事もありました。自賠責保険の場合は強制的に加入が必要な保険ですから必ず加入する必要があります。しかし自賠責の保険料だけでは必ずしも安心とはいいきれず他の保険との併用も考えたほうが安心です。

自動車税とは


}PgžxQ自動車税とは、地方税法の道路運送車両法で規定された税金です。車庫証明を取得している都道府県に、税金を納める義務があります。自動車を所有する人すべてに課せらる普通税です。車検を受けていない自動車を所有しているだけの場合も、税金の徴収の対象になります。その税率は、自家用・営業用・レンタカー等の8ナンバーで区別されています。事業用車両においては、排気量・最大積載量が関係します。トラックは最大積載量が増えるにつれて税金は高額になります。バスにおいては、乗車定員が増えるにつれて高額になります。自動車にかかる税金の優遇措置としては2002年に、「グリーン化税制」が実施されています。自動車は、地球温暖化の原因である、温室効果ガスや大気汚染物質の主な排出源になります。よって、これらの一定の排出基準を満たした低公害車には、減税措置が取られています。一方、一定の期間を経過したガソリン自動車とディーゼル自動車には、増税の措置が取られています。これは、以前に製造された自動車ほど温室効果ガスや大気汚染物質の排出量が多いゆえです。税金を優遇することによって、より排出ガスが少ない自動車への買い替えを後押ししたい考えです。

自動車重量税とは


プレゼント02自動車税とは違います。自動車重量税とは、新規登録や車検をする時に、自動車の重量によって支払う税金です。国税の1つで、徴収された金額の4分の1は市町村の道路の整備に使われてます。残りは、一般財源です。
支払うのはいつかと言うと、車検の時に、支払う税金です。支払わないと車検を通過しません。2年車検と、新車購入時車検とでは、支払う税金の金額が違います。エコカーではエコカー減税の制度がありますから、対象車は初回だけ減税されます。
軽自動車は重量などの区別はないので、一律金額が決められていて、1年毎に上乗せされていきます。
途中で廃車にする場合は、リサイクル法に元づいて、適正に処理された場合により、還付金を受けることが出来ます。
但し、車検の有効期限が残り1ヶ月に満たない場合は、この還付の対象にはなりません。また一時抹消なども対象外です。
車に掛かる税金は非常に多くて、このほかに、自動車税、自動車取得税、法廷預かり費用と消費税などがあります。
このように印紙税だとか、様々な税金が掛かりますが、ガソリンにもガソリン税が掛かってきますので、自動車に掛かる税だけは、なんともなりません。
納税義務者は、車検証の交付を受ける者となっています。

消費税とは


プレゼント01ものやサービスを消費した時にかかる税金のことで、代表的な間接税です。間接税とは、税金を支払う人と納める人が異なる税金のことをいいます。消費税を支払う人は、そのサービスやものを買った消費者が払います。その支払った税金は、消費者ではなく、そのサービスやものを提供した事業主が納めます。ちなみに、所得税のように、直接、税務署に税金を支払うものは、直接税と言います。
税率は、2014年4月から5%から8%に上がりました。その内訳は、国税部分が6.3%と地方税が1.7%になります。よく、買い物は、自分の住んでいる市町村で、買い物しましょうと自治体がピーアールしているのは、国税だけでなく、地方税が入るからです。その市町村の事業主が納めた税金が各市町村の財源になるからです。
ものやサービスを、消費した時、必ず8%の税金を支払わないといけないのでしょうか。非課税のものやサービスもあります。
それは、まず、教育にかかる費用です。学校教育法で定められている学校の授業料や施設使用料はかかりません。給食費は、かかります。他に、土地の譲渡、貸付にもかかりません。外国為替業務や信用保証料、有価証券等支払い手段の譲渡、社会福祉事業、住宅の貸付は、非課税となっています。
8%の税率が10%に引き上げられる可能性もあり、ますます、消費者の買い物に対する意識の変化が見られるようになります。

自動車取得税とは


–¼Ì–¢Ý’è-2自動車取得税とは五十万円以上する自動車を取得する時に掛かる費用のことです。こうした取得税をきちんと支払うということが自動車を購入する人には支払う義務が発生します。ただ中古車などで五十万円以下の自動車を購入するということであれば支払う必要性はないです。こうした税金を支払いたくないということであれば、あえて安い車を購入するという方法もあります。税金というものは様々なものがあります。保険や税金に関するルールはきちんと勉強しておくことが大事です。こうした仕組みは多くの人に関係しているものになっています。特に自動車の場合は様々な税金があるので自動車をこれから取得するということであれば、こうした必要経費をきちんと把握しておくということが大事です。自動車の場合は税金のみならず駐車場や保険など様々なコストがかかることになります。こうしたコストを計算して自動車を購入することが大事です。特に新車をローンで購入するという人は継続的に支払っていくものがローンだけではないということをきちんと意識しておくことが重要です。こうした経費などをきちんと計算しておくことで、大きな問題にならずに済むことがとても多いと言えます。

主な税金と保険の概要特集


テクノロジー09車を保有すると色々な税金がかかってきます。まず、車を購入する際には、車両価格や登録手数料などに消費税がかかります。また自動車取得税もかかり、これは、取得した取得価額に対して支払わなければいけないもので、普通自動車と軽乗用車では税率が違います。その他には、自動車重量税が購入時と、保有している間にもかかってきます。また、自動車税は毎年支払わなければなりません。自動車税は普通自動車の場合、4月1日時点で車を保有している人が対象で、毎年、自動車税納付通知書が自宅に送付されてきます。年度途中で車を購入した場合は翌年3月までの未経過分を支払うことになります。軽自動車の場合は、年度の途中で購入しても納税する必要はありません。
車を購入し保有する場合は、必ず入らなければいけない自賠責と、任意の保険があります。自賠責の方は強制加入が義務付けられており、自賠責に加入していないと車検を通すことも出来なくなっています。任意の方は、各保険会社から数多くの種類が出されています。事故を起こした時などに、相手側に支払う補償金や、自分や同乗者が怪我や死亡した時の保障、車両の修理にかかる費用など、サービスの内容や等級よって料金が変わってきます。