リサイクル料金とは


}PgžxQ車を廃車にする際には、廃車手続きが必要になります。廃車手続きとは、車を解体することと、車籍を抹消することです。車をスクラップにし、さらに登録されている番号を抹消することで、その車はこの世から完全に存在が消えるのです。
さらにそれに加えて、リサイクルに出すための手続きも必要になります。平成17年に施行された自動車リサイクル法により、廃車にした車の各部品は、リサイクルに出さなければならなくなったのです。
リサイクル手続きは、解体業者のもとでおこなうことになります。手続きは、申し込み用紙への署名捺印だけなので簡単です。しかし申し込み用紙を提出するだけでなく、リサイクル料金の支払いも必要です。解体された車の部品を、リサイクルできるようにきれいにしてもらうために、作業手数料を支払うことになるのです。
具体的にどのくらいのお金がかかるのかは、車種によって異なります。軽自動車ならだいたい1万円前後、普通自動車なら1万5千円前後となっています。大きい車ほど高くなり、たとえば観光バスなどは5万円ほどかかります。軽貨物車など小型特殊自動車なら、3~5千円程度で済みます。また、国産車よりも外車の方が、やや高めになっています。

コメントは受け付けていません。