諸費用の概要について調べてみた


自動車を購入する際には様々な諸費用が発生します。今回はその所お費用に知手調べてみることにしました。
自動車を購入する際にかかる諸経費は1種類だけではなく、たくさんの種類があります。諸経費を全て合わせると車両本体価格の10パーセントから20パーセントが必要になるというように言われています。
つまり、200万円の車を買った際にはその車両価格に上乗せして20万円から40万円の諸経費が必要になるというわけです。このことを知っておかないと思わぬ出費に頭を悩ませることになってしまいます。
では、具体的に見ていくことにします。
諸経費は、自動車税・自動車取得税・自動車重量税・自賠責保険・納車費用・車庫証明書・検査登録代行手続き費用・預かり法定費用、そして消費税があります。
このほか、前の車を引き取ってもらう際にはリサイクル料金などが、ナンバープレートを任意の番号にするにはその費用も追加でかかります。
また、車庫証明をディーラーに任せる場合はこれの代行手数料もかかります。
では、自動車税について詳しく解説していくことにします。
自動車税は4月1日の時点でその車を所有していた人が支払う税金です。
新車で購入する場合は月割りで計算してその費用を支払うということになります。

コメントは受け付けていません。