自賠責保険料とは


}PgžxQ自賠責だけで補償は十分なのか、そこで自賠責保険に加入している場合に支払われる保険料はいくらなのかという事です。自賠責保険料の補償の範囲ですが、まず対人に関して、障害の場合は120万円、治療費や休業補償または慰謝料などすべてを含んで120万円になります。ここで気をつけけ無ければならないのが自分に対しては一切の補償は受ける事が出来ません。対人に対して補償される事になっているからです。そして事故をした相手が死亡をしてしまった場合には3000万円までとなっています。後遺障害の場合は最大で4000万円までとなっています。今は後遺障害の等級が1級から14級まで分かれていますので4000万円という幅があります。しかし事故を起こした相手が寝たきりになってしまった場合などは4000万円を超える場合も有りますので、自賠責の保険料だけでは足りない場合もあります。過去には裁判所で出た判例の中に3億円から4億円という保険料が必要になった事もありました。自賠責保険の場合は強制的に加入が必要な保険ですから必ず加入する必要があります。しかし自賠責の保険料だけでは必ずしも安心とはいいきれず他の保険との併用も考えたほうが安心です。

コメントは受け付けていません。