自動車税とは


}PgžxQ自動車税とは、地方税法の道路運送車両法で規定された税金です。車庫証明を取得している都道府県に、税金を納める義務があります。自動車を所有する人すべてに課せらる普通税です。車検を受けていない自動車を所有しているだけの場合も、税金の徴収の対象になります。その税率は、自家用・営業用・レンタカー等の8ナンバーで区別されています。事業用車両においては、排気量・最大積載量が関係します。トラックは最大積載量が増えるにつれて税金は高額になります。バスにおいては、乗車定員が増えるにつれて高額になります。自動車にかかる税金の優遇措置としては2002年に、「グリーン化税制」が実施されています。自動車は、地球温暖化の原因である、温室効果ガスや大気汚染物質の主な排出源になります。よって、これらの一定の排出基準を満たした低公害車には、減税措置が取られています。一方、一定の期間を経過したガソリン自動車とディーゼル自動車には、増税の措置が取られています。これは、以前に製造された自動車ほど温室効果ガスや大気汚染物質の排出量が多いゆえです。税金を優遇することによって、より排出ガスが少ない自動車への買い替えを後押ししたい考えです。

コメントは受け付けていません。